「臨場」 横山 秀夫

2008年1月2日水曜日

未分類

t f B! P L


ハードボイルドな小説。
なかなか面白く、読ませる。あまりないタイプの短編集。

面白いのは臨場という現場が話の中心で、その都度主人公が変わる。多くの短編集の連載物だと犯人が代わって、主人公の刑事はそのままっていうのが普通だと思う。
もちろんお馴染みのキャラクターは重要な人物として出てくるが、視点は常にその都度出てくる主人公です。主人公が犯人のときもあれば、刑事の時もあるので面白い。
もちろんキーマンを主人公として読むことも出来るが、主人公が臨場した現場だと思えて仕方ない。
話の方も掘り下げてあるし、トリック等にも無理がないので読ませる。
面白い小説だった。
スポンサーリンク


このブログを検索

このブログを検索

自己紹介

スポーツカーが好きで、いつの頃からロードバイクにも乗るようになり、スーパーカブも好きになったので、乗り物が移動が好きなのです。 あとは、登山も好きですが、スポーツは子供の頃から嫌いなので、やっぱり移動が好きなのでしょう(笑)

インタークーラーのないマイルドターボのテリオスキッドのオイルフィルター交換したよ

 テリオスキッドのオイルとオイルフィルターを交換しました。 オイルフィルター交換は今回が初めてなので、ネット検索したのですが、うちのテリオスキッドはインタークーラー無しの EF-DEM型エンジンなんですが、これの情報がなかったのでちょっと書いておきます。 結論から言えば、インター...

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ