蛍光灯シーリングライトLED

2016年6月25日土曜日

未分類

t f B! P L

蛍光灯シーリングライトとLEDシーリングライトの電気代はどのくらい違うのでしょうか?

光源が蛍光灯のシーリングライトと、光源がLEDのシーリングライトの消費電力を比較すると以下のようになります。(12畳向けのもので比較)

蛍光灯

120W

LED

50W

LEDシーリングライトのほうが蛍光灯シーリングライトの1/2以下の消費電力であることがわかります。

ひとつ300円の白熱電球と、ひとつ1,000円の電球型蛍光灯、ひとつ2,000円のLED電球を比べてみましょう。それぞれの寿命を当てはめると、

100円の白熱電球を10年使った場合

20~40回交換が必要なため、購入コストは6,000円~12,000円

1,000円の電球型蛍光灯を10年使った場合

2回交換が必要のため、購入コストは2,000円

2000円のLED電球を10年使った場合

買い替えなしのため、購入コストは2,000円

全光束(lm)

・ 光源がすべての方向に放出する光の量を全光束(lm)といいます。一般的にこの数値が大きいと”明るい光源”といえるでしょう。ただし、蛍光灯と電球で同じ全光束の場合には、電球が明るく(眩しく)を感じます。これは輝度が高いからです。白熱球(裸電球)などはとても眩しく感じますよね・・・

・電球ランプの明るさはW(ワット)で考えがちですが、W(ワット)はあくまでも消費電力(ランプ電力)の単位ですから、明るさの目安(基準)は全光束(:ルーメンlm)で表します。特にLED電球などは消費電力が低いのでW(ワット)では比べられませんので、必ず全光束が表示されております。ただし、LED電球では全光束の数値で明るさを判断するのですが、明るさ数値を覚えているのも大変ですよね!※下記にて全光束での明るさの”目安”をご紹介!!口金E26タイプ(シリカ球)で考慮して下さい

全光束(ルーメン)で明るさ比較!LED電球の参考に!! 60w810ml程度

白熱型電球・蛍光灯

[2個40W] X [24時間]=51.84円

一か月 1555 円

まぁ、LED15Wで2つで辛抱すれば月に800円程度節約できる。

ただ、30w蛍光灯だと2400lm程度の明るさがあるのに、14wLED蛍光灯丸型 (30W形, 昼光色) だと1450LMしかない。

明るさが足りない気がする。

僕の家だとリビングは蛍光灯は2つともつけているので、5000lmはあると思う。

これを蛍光灯にすると3000lmになってしまう。

節電できてもくらいなら、蛍光灯を1つ消せばいいだけになってしまう。

アマゾン比較

Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン
Amazon.co.jp 公式サイト。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)

LED蛍光灯丸型 (30W形, 昼光色)

商品名:丸型LED蛍光灯30W形  

消費電力:14W(30W相当)

発光色:昼光色(6000K) 

ルーメン:1450LM 

寿命:50000時間

103.6lm/W

最後まで明るく目にやさしいパルックプレミア

32形 光色:クール色(昼光色)

定格ランプ電力:30W 

全光束:2480lm 

定格寿命:9000時間 

82.7lm/W

NEC 丸形スリム蛍光灯(FHC) ホタルックスリム HC27EDF-SHG-A

3波長7500k

定格ランプ電力:27W(定格)/38W(高出力)

全光束:・25℃:2340lm(定格)/3240lm(高出力)

     ・35℃:2460lm(定格)/3260lm(高出力)

定格平均寿命:約15000時間

91lm/W

【ランプ効率】(lm/W)=【明かりの総量である全光束(lm)】 ÷ 【消費電力(W)】

wikipedia

発光効率(はっこうこうりつ、Luminous efficacy)とは、光源の効率を現すもので、ランプ効率とも呼ばれる。

単位電力あたりの全光束 lm/W (ルーメン毎ワット)で現す。単位の定義とエネルギー保存の法則により発光効率が 683 lm/W を超えることはない。

蛍光灯 熱陰極型蛍光管 発光効率(lm/W)40~110 エネルギー変換効率5.9~16.1%

LED照明 擬似白色(青黄色系)LED 発光効率(lm/W)30~100 エネルギー変換効率4.4~14.6%

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/46921d87615241d29976cf9a97764b9f

ツインパルック蛍光灯(正確にはツインパルックプレミア蛍光管)の発光効率は,なんと100W/lmを越えているんですね。今回のLEDシーリングは77.8lm/Wですので,実は蛍光灯の方が2割以上有利です

なら,同じ明るさなら蛍光灯の方が消費電力を下げられることになりますよね。LEDのメリットって調色機能だけになるじゃないですか。

スパイラルパルックとLEDを比べてみると,発光効率はスパイラルパルックの方が4割近くも有利,面光源で理想的な照明に近く,寿命も20000時間とほぼメンテフリーと,LEDのメリットはほとんどふっとびます。

 ランプの寿命は16000時間です。LEDの40000時間に比べれば短いですが,LEDはランプの交換が出来ませんから,10年を機器そのものの寿命と考えると,1回か2回か交換するだけです。1つ2000円ほどですから,大したことはありません。

ただし,一般に売られている丸いタイプの蛍光管の発光効率は50W/lmから60W/lm程度です。しかも高周波インバータではないでしょうから,全体の消費電力もあんまり下がらないでしょう。この場合すでにLEDが逆転していますので,蛍光灯を選ぶ理由はありません。

それに,LEDとは違って蛍光灯は天井側も光ります。ランプ単体の発光効率の計算では,この部分の光束も計算に入れていますが,照明器具に入れればここは反射で下側に向けねばなりません。しかし100%反射することはありません。

 これらを勘案すると,最終的には2,3割程度割り引く必要があると思います。

 とまあ,ここまで考えると,ツインパルックを使ったシーリングライトの実質的な発光効率は80W/lmくらい,一方のLEDシーリングもこのくらいですので,あまり変わらないということになるでしょうか。

ということで,結論。

・最新の蛍光管の発光効率はLEDをしのぐ。

・ただし発光効率の比較は条件が違うのでよく考えること。実はあまり変わらない。

・蛍光灯はもともと面で発光するデバイス。影も柔らかく,自然に光る。

・蛍光灯は三波長型。特に昼光色の色がすばらしい。

・寿命はLEDの勝ち。でも蛍光灯だって10年でも1回か2回程度の交換ですむ。

FCLは、昔からあるスタータ形環形蛍光ランプ

FHCは、高周波点灯専用(Hf)形環形蛍光ランプ

FHDは、高周波点灯専用(Hf)形二重環形蛍光ランプ

高周波点灯専用(Hf)形は、従来の環形蛍光ランプ(FCL)に比べて管径が細く、インバータ点灯により、ランプ効率が向上しより明るい、ランプ寿命の延長、より薄型の照明器具が作れる等の効果がある。

FCLは太いですが,FHCは細くなっています。ランプホルダーに正しくはまりません。

また,口金が違いますので取り付けることさえ出来ません。

細いFHCはインバータ式用で,太いFCLはスタータ形またはインバータ式専用です。

太いタイプでインバータ式かスタータ形か見分ける方法は,

ランプホルダーが太い蛍光灯にはまって点灯管がない場合は,インバータ式で

ランプホルダーが太い蛍光灯にはまって点灯管がある場合は,スタータ形です。

スポンサーリンク

style=”display:block”

data-ad-client=”ca-pub-7932699324228307″

data-ad-slot=”5633064671″

data-ad-format=”auto”>

このブログを検索

このブログを検索

自己紹介

スポーツカーが好きで、いつの頃からロードバイクにも乗るようになり、スーパーカブも好きになったので、乗り物が移動が好きなのです。 あとは、登山も好きですが、スポーツは子供の頃から嫌いなので、やっぱり移動が好きなのでしょう(笑)

インタークーラーのないマイルドターボのテリオスキッドのオイルフィルター交換したよ

 テリオスキッドのオイルとオイルフィルターを交換しました。 オイルフィルター交換は今回が初めてなので、ネット検索したのですが、うちのテリオスキッドはインタークーラー無しの EF-DEM型エンジンなんですが、これの情報がなかったのでちょっと書いておきます。 結論から言えば、インター...

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ